ネタバレレビューを

もうキャンプなんか行かない

★★★★★
非表示中

もうキャンプなんか行かない

★★★★★
非表示中

もうキャンプなんか行かない

★★★★★



皆で  最 近  流行っているキャンプに
行く事になりまし た

建物の設備 も  文句が ない 様です


唯一
虫が 苦手なんですけど・・・ね

流石に 秋とも なれば 虫も 冬眠して いる事でしょう



そし・・・て

キャンプ当日には お肉や お野菜を 並べて
プラス チックのシャンパングラスに

アイスティー を 注ぎ  乾杯と
愉しい じかんは  !あ・・・っと いう間 に 過ぎてゆきます


心配していた 外のトイレにも 白熱灯が 灯って おり
想ったより も 沢山の行列で 安心していたのです・・・が ?

どこ か
違和感を 覚え・・・た  そんなお話です 

井の中の西瓜

★★★★★
非表示中

教えて

★★★★★
非表示中

教えて

★★★★★

線路は霊の通り道、とよく聞きます。
駅もまたしかり、なのでしょうか。

人けのない駅のホームでの不思議な出会い。
きっかけとなった一冊の本。
その本をめぐって会話が進み、降りる駅まで二人は確かに
時間を共有した、と思っていた主人公。
でも・・

そこに実態があったのかどうか、自らも不思議に思う
主人公の戸惑いが、よくよく考えたら、という戸惑いが
背後に涼しい風をもたらしてくれました。

蹲る

★★★★★

駅のホームで蹲る一人の女性。
彼女の動向を通行人たちは気に掛けますが──

物語の一部始終を同じ場所に立って見ているような臨場感がありました。
なぜ、彼女は蹲っているの? どうしたの? 気になる……。
先の読めない展開、衝撃のラスト。

最後の一文に暑さを忘れるほど、背筋がゾッとしました。
暑い今時期にお勧めの作品です!

赤いサービスDay

★★★★★



赤い物を 身に着ける か  赤いものを 持っていく・・・と

無料で 赤ワインを  1杯 サービス してくれ る



それならば  自分の中に 流れる 血潮 で
如何でしょ う・・・ ?


それ か  店員さんにも  流れる 血潮 では  だめです か?




赤に まつわる 恐怖な  お話です


他には 赤と言え・・・ば
ワンピースに  靴  、ネクタイ ?  赤い スーツ



あなたな・・・ら  何?を  お持ちします か?


短な恐怖

★★★★★


一 見  当たり前・・・に 
想って いる 日常の中には 知らずのうちに 恐怖が 降って来る


『じつ 。。。』 は   昔 ここで




すぐ 傍 に  潜む  短な 恐怖

オムニバス 形式の ただのお話だと 侮っていると



次に 実際  その恐怖に  遭遇されるの・・・は ?




ふ・・・と  更新されてい く  恐怖を お読みください☆

 

短な恐怖

★★★★★
非表示中
TOPトップへ