会員番号 62
ファン 4
性別
年齢 18
自己紹介 運営様、いつもサイトを利用させて頂きまして、どうもありがとうございます。
佳作を二回受賞できました。大変嬉しくて感謝しております。

~~~~~~~~~~~~~~~

始めは小説を有料販売ををしようと目標をたてていましたが、状況の厳しさに、予定を変更しなればならないことに気がつきました。

4~5年前に書いた作品は下手ですけど、面白さはそれなりにあると思います。書き直すのは、それほど手間がかかる訳でもないので、毎日1ページ更新しています。
目的は有料販売をするサイトの調査に変更します。


支払いのことについて、
1月~1月末締
2月、1月度に売上があると、15日~20日ごろまでに1月度の売上の知らせがあります。
売上があった場合は翌々月、3月20日ごろに入金されます。
サイトのシステム利用料が明解になりました。
仮に月間の売上が1000円あったとします。
いくら銀行にお金が振り込まれるのかですけど、

1000円
システム利用料51%
印税49%
銀行振込手数料216円
初回登録手数料108円
166円が手取りになります。

ここのサイトでは有料販売の設定にしていても、お客さんが有料会員だと1日1話は無料になります。つまり一度に読まないで、毎日30ページまでなら無料になります。90ページ3日間で無料です。
ページの設定は作者側で決められます。今日は1話だけ読む、翌日2話目を読みにくる。3日目に残りを読む。すでに有料会員になっているのですから、余計なお金を払う人は少なくなります。でも読んでもらえるだけでも感謝しています。並んでもらえるだけでも感謝です。

小説スクールの先生は、直木賞作家の石田衣良先生他10名ぐらいます。
電子小説のよさは、返品されることもなく長く読者に読んでもらえることでしょうか。
本屋で販売されている本は、ある程度の時間で返品されるので、発売元にリスクがあります。

新しい情報がわかり次第更新します。

TOPトップへ