2022-01-29

【夢日記】神様が負けた話

 夢の中の時代は令和五年だった。
 私はテレビを見ている。まだ天皇陛下がご健在であるにも関わらず、新しい元号が決まったという。
 その元号は「ISSR」。
 日本語でさえないことに私もテレビの出演者もびっくりしていた。「ISSR」とは、外国の神様のイニシャルなのだそうだ。
 どうして外国の神さまの名前が出てくるのかというと、夢の中の世界では日本の神様がみんな負けてしまったからだそうだ。
 元号改変と同時に、独裁国家が別の国に軍事攻撃をしかけたというニュースが流れた。

日記へのコメント

お久しぶりです\(^-^)/
将棋続けられてるんですね。私はすっかり将棋はやらなくなってしまいました…。もう基本もおぼつかないかもしれないです

コロナには参らされてしまいますね…。コロナの前からではありますけど、私もいっそう困ってしまいました…

夏野ソラ 2022-02-02 21:30:49

ご無沙汰してます。お元気ですか?コロナ不景気で、つらい時代になりました。私はまだ将棋ウォーズをやっています。最近は実力でやる、サイトも見つけました。みんな実力でやるので、将棋だけは昔にもどりました。なにか新しいことを考えて、楽しみを造らないといけませんね。私は毎日サイトに来ています。

沙也加 2022-01-30 19:23:32

TOPトップへ