雪幻花―――恋雪、淡雪、儚雪

ID 505
美衣 100ページ 連載中
PV 1910 しおり 8
52拍手 ピックアップ 4回
2017-05-23 23:01
概要

ある冬の幻想。

タグ
作品説明

 寒い寒い吹雪の日には気をつけな。
 
 山から吹き下ろしの風と共に雪女が訪れりゃ。
 
 その女の顔を誰も見た者はいない。
 
 命と、顔をとられるぞ。
 
 雪女に会ったら生きては帰れぬ。
 
 後に残るは赤い花ばかり。

 ――――赤い花ばかりなり。


 冬のある日。
 風花―――雪の花びらに思わず手を伸ばし、その様に誘われるように風上を見上げた俺の目に映ったのは―――――。
 俺と雪乙女との、淡くて、儚い、束の間の時間。
その哀しい恋雪の物語。


★ピックアップ!ありがとうございます(*^^*)★
2017.2.13
2017.3.16
2017.4.16
2017.5.17

作品公開日 2017-02-11
ランキング
総合 14位  (過去最高 7位)
カテゴリ 3位  (過去最高 2位)
レビュー
★★★★★
非表示中
★★★★★
非表示中

アイコンの説明

TOPトップへ