お肉の泣き声が聞こえる

ID 491
与志那 斎 71ページ 完結
PV 1721 しおり 4
39拍手 ピックアップ 1回
2017-03-20 21:57
概要

僕たちはどこから来て、どこへ行こうとしているのか

タグ
作品説明


 万事に控えめだった、僕の恋人。

 僕にはどこか物足りなく思えていた。
 そんな彼女がある日、「泣き声」を聞いて変わり始めた。


 僕たちが食べ、消化し、エネルギーに変えるものはすべて、それぞれに生命を与えられて活動する貴い存在であった。


 だから感謝しなければならない。祈りを捧げなければいけない。


 だが彼女の祈りは常軌を逸していた。


 僕は彼女に引きずられていく。


(※ショッキングな場面があります。心臓の弱い方はご注意ください)

作品公開日 2017-03-03
ランキング
総合 60位  (過去最高 9位)
カテゴリ 26位  (過去最高 4位)
レビュー
★★★★★
非表示中
この作者のほかの作品

アイコンの説明

TOPトップへ