死線

ID 180
蘭子 110ページ 完結
PV 23211 しおり 35
133拍手 ピックアップ 7回
2016-04-08 14:35
概要

感じてるのは・・死者の視線?

作品説明

フリーター・智花が通勤路に見つけた庭のあるレトロな家。

花がきれいだと目をやるその家の床下に

遺体が葬られていたなんて・・


突然亡くなった父の遺体を遺棄したその家の娘・里子

そこにある理由とは?

後に里子と、そしてその家を気にする智花が

ある時から感じるようになった視線・・

それぞれ感じるのは

死者からの・・・死線なのか・・・?


         ☆4月8日 完結しました

作品公開日 2016-02-25
ランキング
総合 3位  (過去最高 2位)
カテゴリ 1位  (過去最高 1位)
レビュー
★★★★★
非表示中
★★★★★

死線 一気に読みました。
里子の境遇がリアルに迫ってきました。
現実には起こらなくても心の奥底に里子がいるかもしれない…そんな恐怖を感じました。智花との対比?などを強く感じながら読みましたがなんと言っても一気によませる力強さがあると思います。ファンになりました。 弘美

★★★★★


悪魔の 手招き が  彼女を  そ、う、させて
し まったのだと 想いまし た・・・


死体 遺棄の   意外な 動機から  は

お読みに なられた 方々へは  ど?う  映るのでしょ う?
自分には  友人 という  言葉 が
頭を  過りまし た

そ、の、 友、人 、  さえ  いれ ば
遺棄 という行動には  出なかったの では? ・・・と

もうひとりの  主人公は  何?を ど?う
感じたの か?

死線とは  そういう 意味から 来る 題名だったのです ね☆


明香里 の ような  ポップ は
難しいようです・・・

『 あなたにもこんな瞬間、あるのかもしれない・・』  

アイコンの説明

TOPトップへ