教えて

★★★★★

線路は霊の通り道、とよく聞きます。
駅もまたしかり、なのでしょうか。

人けのない駅のホームでの不思議な出会い。
きっかけとなった一冊の本。
その本をめぐって会話が進み、降りる駅まで二人は確かに
時間を共有した、と思っていた主人公。
でも・・

そこに実態があったのかどうか、自らも不思議に思う
主人公の戸惑いが、よくよく考えたら、という戸惑いが
背後に涼しい風をもたらしてくれました。

蹲る

★★★★★

駅のホームで蹲る一人の女性。
彼女の動向を通行人たちは気に掛けますが──

物語の一部始終を同じ場所に立って見ているような臨場感がありました。
なぜ、彼女は蹲っているの? どうしたの? 気になる……。
先の読めない展開、衝撃のラスト。

最後の一文に暑さを忘れるほど、背筋がゾッとしました。
暑い今時期にお勧めの作品です!

赤いサービスDay

★★★★★



赤い物を 身に着ける か  赤いものを 持っていく・・・と

無料で 赤ワインを  1杯 サービス してくれ る



それならば  自分の中に 流れる 血潮 で
如何でしょ う・・・ ?


それ か  店員さんにも  流れる 血潮 では  だめです か?




赤に まつわる 恐怖な  お話です


他には 赤と言え・・・ば
ワンピースに  靴  、ネクタイ ?  赤い スーツ



あなたな・・・ら  何?を  お持ちします か?


コンテスト受賞作品がアプリ化されました!

各ストアにて「怖い話vol.1-Feard」をダウンロード!
怖い話vol.1-Feard

Android

iOS

姉妹サイト

TOPトップへ